■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
用語辞典[や行]
[溶岩ドーム(ようがんどーむ)]
粘性の大きい溶岩が火口上に盛り上がったドーム状の火山。

[溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)]
大部分が火砕流によってできた岩石であり、自らの熱と重力によって圧縮されて岩石化する。


スポンサーサイト
用語辞典 | 23:56:39 | Trackback(0) | Comments(0)
用語辞典[は行]
[爆裂火口(ばくれつかこう)]
爆発的な火山活動により、山の一部が吹き飛ばされてできた火口。



用語辞典 | 20:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
用語辞典[た行]
[タフリング(たふりんぐ)]
水蒸気爆発でできた火山の火口底が地下水面より高いときの名称。

[柱状節理(ちゅうじょうせつり)]
火山から噴出した溶岩が急速に冷却され、六角柱状に割れ目が形成されたもの。



用語辞典 | 18:51:47 | Trackback(0) | Comments(0)
用語辞典[か行]
[火砕流(かさいりゅう)]
高温の火山灰・軽石・火山ガスが一団となって火口から流れ下る現象。

[火山岩(かざんがん)]
マグマが、地表または地表付近で急に冷やされて固まった岩石。

[火山弾(かざんだん)]
噴火時に放出されたマグマの塊。その形状によって、パン皮火山弾・紡錘状火山弾などの種類に分けられる。

[火山灰(かざんばい)]
火山から噴出された灰のようなもの。噴出されたもののなかで、直径2ミリ以下の細粒のものをいう。

[軽石(かるいし)]
マグマが急冷して固まったもののなかで、含まれていたガスの噴出によってできた小さな穴がたくさんある岩石。

[貫入(かんにゅう)]
マグマが地層や岩石内に入り込んで固まり、新しい岩体をつくること。

[岩脈(がんみゃく)]
マグマが地層を切って、あるいは他の岩石中を垂直に板のような形で貫入して生成されたもの。


用語辞典 | 16:10:16 | Trackback(0) | Comments(0)
箱根・熱海-④
最後に、大涌谷の名物を紹介したいと思います。
それは、こちらです↓
P1020020.jpg
名前の通り、黒い卵です。
ただし、白身が黒くなっているというわけではなく、殻が黒くなっています。
6個入りで、500円でした。(食塩付き)
大涌谷に来た人の半数近くが購入していたので、自分も購入してみました。
味のほうは、普通のゆで卵と少し違った気がします。
その微妙な味の違いは、是非一度実際に味わって確かめてみてください。

P1020015.jpg
卵が黒くなる仕組みは、近くにあった看板によると『温泉に含まれている硫化水素と鉄分が化合したから』だそうです。
鉄分というのは、おそらく卵の殻に含まれている鉄分でしょうね。

この黒卵を、温泉から取り出している光景をちょうど見ることができました。
P1020017.jpg
↑クリックすると拡大します。
本当に卵が真っ黒でした。


以上のような感じで、旅行に行ってきました
群馬からの往復600kmの長旅でしたが、とても楽しかったです
次は、研究の方の報告がしていけるように頑張ります

気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m





旅行の写真 | 09:45:18 | Trackback(0) | Comments(0)
箱根・熱海-③
ちょっと間が空きましたが、箱根・熱海旅行の報告の続きです


旅行は2日目。
この日は箱根見物をしました。
天気は残念ながら朝から雨でしたが、まずは芦ノ湖へ向かい箱根駅伝の資料館などを見学しました。
そして、その後せっかくなので火山に関連したところへ行ってみました。
それがここです↓
P1020014.jpg
ここは、大涌谷と呼ばれる場所で、芦ノ湖と並ぶ箱根のビュースポットです。
ここは、山肌から多量の火山性ガスが発生している場所で、観光案内によると、かながわ景勝50選にも選ばれているそうです。
P1020021.jpg
駐車場に降り立っただけで硫黄の臭いがしました。
園内は、火山地形を見物するための散歩道もありました。
雨天にも関わらず、夏休みだけあってかなりの数の観光客がいましたが、外国からの観光客の数の多さにビックリさせられました。
もしかしたら、日本人よりの多かったかもしれません。
大半は、中国か韓国のツアー客のようでした。


次回は、この旅行の最後の報告です(ーωー)
この大涌谷の名物の紹介をしたいと思っています

気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m





旅行の写真 | 16:49:04 | Trackback(0) | Comments(0)
箱根・熱海-②
前回の続きです。


宿泊場所であるホテルに到着したのは、だいたい午後5:00くらいでした。
寄り道したり、迷ったりしながらの約9時間におよぶ長旅でした。

P1020005.jpg    P1020004.jpg
ホテルで一休みした後、熱海の町を散策に出かけました。
熱海は、『山の斜面にできた温泉街』といった感じで、ちょっと散歩するだけでも、かなり坂を上ったり下ったりします。
上の写真は、熱海の浜で撮影したものです。
この写真ではわかりずらいかもしれませんが、浜辺は夏休みの期間はライトアップされていているらしく、とてもきれいでした。
浜には、何組かの家族や若者衆が花火をしていて、活気にあふれていました。

この日は、熱海の浜と中心街を一通り探険して、就寝しました。

次の日は、来た道をちょっと戻って箱根観光です

気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m



旅行の写真 | 00:17:55 | Trackback(0) | Comments(0)
箱根・熱海-①
7日・8日に、ちょっとした小旅行で箱根・熱海に行ってきました
研究とは関係ありませんが、写真をいくつか撮ってきたので、ちょっと紹介したいと思います

P1010993.jpg
こちらは、河口湖湖畔から撮影した富士山です。
通過しただけだったので、このような写真しか撮れませんでしたが、この日は天気も良く、良い景色が望めました。

富士山というのは、群馬からはとても遠い印象を持っていたのですが、この日は車で前橋市を午前8:00に出発し、休憩しながらでも正午には河口湖に着くことができました。
そして、湖畔で名物の「ほうとう」を食べることができました。
P1010992.jpg
こちらが、「ほうとう」です。
ほうとうは、うどんを野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込んだ麺料理の一種で、煮込まれたかぼちゃと平麺が特徴的でした。
とてもおいしかったです!

河口湖や山中湖には、夏休み中ということもあり沢山の観光客がいて、ちょっと遊んで行きたくなりましたが、この日の目的地は熱海なので泣く泣く写真だけ撮って通過しました。

この後、熱海でまたパシャパシャと写真を撮りました
続きはまた明日ということでm(__)m


気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m




旅行の写真 | 22:19:47 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。