■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
草津白根-②
 駐車場から山頂までは、駐車場の東側の火山資料館やレストランなどの近くにある、コンクリートで舗装された幅3mほどの道を10分程歩けば到着します。山頂付近までくると、草木がなく白っぽい山肌が露出していました。

P1020502.jpg《緊急避難所》
 山頂への道の途中に、上のような避難所が備えられていました。山頂からは50mも離れていない距離にあります。こんな至近距離で、避難する時間的余裕があるのだろうかと思いましたが、避難所自体はとても頑丈そうな印象をうけました。

さぁ、いよいよ草津白根の山頂です。

DSCN0506.jpg《草津白根山頂(湯釜)》
 山頂にまで歩いてくると、上の写真のような特徴的な青白い湖が見えてきます。これが、白根山の爆裂火口→用語辞典へにできた火口湖の湯釜(ゆがま)です。
 湯釜の湖水が白味がかっているのは、コロイド状のイオウが入っているためで、湖としては世界一の強酸性といわれています。(*1)

 山頂にある湯釜を眺めるポイントは、上記のコースが一般的なようで、観光客もほとんどがこちらのコースを登っていたのですが、もう一つ湯釜を望める展望台に行けるコースがありました。
 そのコースは、駐車場の西側にあります。こちらの方に向かう観光客の数は少なく、僕の他には2組しか登っていませんでした。その展望台から撮影した湯釜を下に掲載します。
 DSCN0524.jpg《西側展望台からの湯釜》
 こちらの方が少し遠めですが、違った角度から湯釜を眺めることができました。東側のコースはもう何度も登った!という方は、是非こちらの展望台にも足を運んでみてください。

 次回は、山頂駐車場の近くにある弓池(ゆみいけ)の様子を紹介します。

→草津白根-③へ
注:文章中の色の違う箇所は下記の資料を参考にした文章です。
*1 群馬の地質をめぐって(著:野村哲、築地書館)

気に入っていただけたら、こちら↓をポチッと一押しお願いしますm(_ _)m
               

スポンサーサイト
草津 | 00:52:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。