■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝日連峰-②
 今回は、朝日連峰の稜線の様子を掲載します。

 朝日連峰は最高峰の大朝日岳でも標高1870mしかなく、それほど高山ではありません。日本アルプスのような岩の露出した雄大な稜線を望むことはできませんが、低木や草花に包まれた優しい感じの稜線を楽しめます。
 朝日連峰の稜線の様子を撮影したものをいくつか載せます。

P1020644.jpg   P1020631.jpg

P1020651.jpg   P1020686.jpg
(左上)寒江山(かんこうさん)から撮影した稜線
(右上)稜線歩きの様子
(左下)大朝日岳と大朝日小屋
(右下)朝日に照らされた稜線 


 朝日連峰の稜線は、アップダウンが少なく比較的楽に山行が行えるという印象をもちました。また、小屋も稜線上にいくつも点在し、危険箇所もないので、とても安全な山域だと思いました。
 自分は行ったことはないのですが、部活の仲間の話によると、同じ東北の山である飯豊連峰の稜線の様子と似ているそうです。
 日本アルプスなどを登るには体力面や技術面で不安であるという人にとっては、個人的には東北の山々がお勧めです。
 
 

スポンサーサイト
部活動の写真 | 13:19:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。