■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
片品渓谷~行き方~
 片品渓谷(かたしなけいこく)は、吹割の滝(ふきわれのたき)で有名な渓谷です。この渓谷は、火山の活動と川の浸食でできた地形です。

 渓谷に一番近いI.Cは、沼田I.Cです。I.Cをおりてから国道120号を日光・尾瀬方面へ向かいます。そして、120号を20kmほど走ると下の看板が見えて、到着となります。
P1020967.jpg《国道上の看板》

 渓谷付近には、いくつも駐車場があります。自分は今回、「滝に一番近い駐車場」というところに停めました。料金は500円で、30台ほど駐車できます。
P1020963.jpg《滝に一番近い駐車場》
 近くには、無料で停められる駐車場もあります。隣接するお土産やさんが管理している駐車場なので、利用の際にはお土産を購入してあげましょう。
 片品渓谷周辺の地図はこちらを参考にしてください。

スポンサーサイト

テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

片品 | 14:44:06 | Trackback(0) | Comments(0)
筑波山のガマ石
 茨城県にある筑波山は、登山ルートの脇にいくつか珍しい石があり、それぞれに名前がつけられています。今回は、そのうちの一つ、ガマ石を掲載します。
 ガマというのは、ヒキガエルの異称です。

P1000782.jpg《ガマ石》
 カエルが口をあけている様子に見えるでしょうか?

ちょっと一息 | 14:29:05 | Trackback(0) | Comments(0)
浅間登山~注意点~
 今回自分が通ったルートで浅間を登る上での注意点を、気づいた限り掲載しておきます。僕が個人的に感じたことも含まれていますが、よかったら登山をする時に参考にしてみてください。

 今回登ったルートは、登山道のレベル的には優しいコースでした。危険箇所もなく、距離も長くないので、小学校低学年の子どもでも登ることができるでしょう。しかし、石がゴロゴロしている登りが続くので、登山靴またはトレッキングシューズを履いていきましょう。また、前掛山は岩石に覆われた山で、日光を遮る木はありません。日よけの帽子・飲み物は必需品です。

 浅間山は、まだ活発に活動を続けている活火山です。現在は、危険レベル1(登山規制500m)ですが、またいつ危険レベルが2(登山規制2km)以上になるかわかりません。登山前には、必ず火山の状態の情報を確かめてから登りましょう。

 この山域では、山崩れや噴火によって形成された独特な地形が楽しめます。登山前に、現在の浅間ができあがった歴史などについての知識を得てから登ると、さらに登山が楽しめると思います。
 現在も変化を続けている火山の様子を、ぜひ間近で体感しにいってみてください。

浅間(長野側) | 08:56:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。