■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2万4千年前の浅間山崩壊~中島町~
 群馬県庁裏の崖と同じような堆積層が見れる崖が、高崎市の中島町にもあります。
 まずは、その崖へ行くルートを説明します。大変わかりずらいので、注意しましょう。
 県道13号線を前橋方面から高崎にむかって走り、高崎Jct付近の交差点を左折し県道24号線にのります。次に、花沢運輸倉庫前の交差点を左折します。住宅団地にはいっていくと、浄水場がみえてきます。この浄水場の裏に、崖のある河原への入口があります。詳しい場所は、こちらを参考にしてください。
P1020720.jpg《河原への入口》

 この入口から、道は細い砂利道になります。入口から少し行けば、10台ほどの駐車スペースがあります。そこに車を停め、歩いて河原へ向かいましょう。

 河原へ出ると、すぐ目の前に浅間山崩壊の土砂の堆積物が現れます。この崖は、県庁裏の崖よりも低いですが、4~5mくらいの高さがありました。崖の表面などの様子は、県庁裏のものと酷似していました。
P1020702.jpg《中島町の崖》

 崖には溶岩も含まれていました。ここに流れてくるまでに削られたらしく、角は丸みをおびていました。
P1020708.jpg《溶岩》

 その他に、写真のような木も含まれていました。木が焦げた様子がないのがわかるでしょうか。この土砂が、流れていた当時も高温ではなかったということがわかります。
P1020711.jpg《崖に含まれていた木》

 河原の対岸にも土砂の層が確認できました。どうやら、ここら辺一帯は浅間山崩壊の土砂の層で覆われているようです。この様子を見ただけでも、2万4千年前の浅間山崩壊の規模がものすごい大きかったということが想像できます。
P1020709.jpg《対岸の崖》


記事が面白かった・記事の内容が役に立ったという人は、下のバナーをクリックお願いします!
あなたのワンクリックが、めちボンの研究への活力となります☆



スポンサーサイト

テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

浅間(群馬側) | 15:40:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。