■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2万4千年前の浅間山崩壊~金島の浅間石~
 2万4千年前の浅間崩壊の際の土砂は、利根川沿いだけでなく吾妻川沿いでも確認できます。今回は、吾妻川と利根川の合流点付近にある渋川市の金島の浅間石を見てきました。

 県道35号線を渋川市街から吾妻方面へ走り、下川島交差点の少し手前を右折し、線路を渡ります。その後は、上越新幹線の高架の真下を目指しましょう。すると、目印となる観音堂が見えてきます。
P1030415.jpg《観音堂》

 観音堂の脇を、川に向かって進めば到着です。詳しくは、こちらを参考にしてください。
 結構広めの駐車スペースもありました。
P1030410.jpg《駐車スペース》

 金島の浅間石は、高架橋の影になっていましたが、立派な解説の看板も設置されていて、ちょっと雑草は気になりますが見学しやすい環境でした。この浅間石も、岩神の飛石中之条のとうけえしと同様の赤岩です。前述の二つと違い、浅間石はその岩体の半分ほどが地中に埋まっているようでした。しかし、それでも高さ4m程、直径10m強はありました。
P1030411.jpg《金島の浅間石》

 この浅間石があるところは、広い平野になっていました。浅間石の解説看板によると、この平野は浅間の土砂によって形成された土地で、土砂が流れる前は集落があったそうです。土砂流出の際には、この場所で犠牲者が出たそうです。

浅間石の対岸にある興福寺の入口にある記念碑には、興福寺が浅間崩壊の土砂に飲み込まれたという記述があります。この興福寺一帯も、浅間の土砂の上に現在の街が建てられているのです。
P1030418.jpg《興福寺と記念碑》


→泰然自若HP版へ


スポンサーサイト

テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

浅間(群馬側) | 11:12:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。