■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コーラ噴火実験~フタの穴の大きさ2~
 前回の実験に引き続き、実験装置のフタの大きさを調整して噴出量の違いをみてみました。

 今回は、穴の大きさは6mmと12mmのものを用意しました。
P1030713.jpg《穴をあけたペットボトルのフタ》
 前回同様、1.5lのペットボトルに3つのメントスを投入しています。

 P1030716.jpg《噴出した様子》
  噴出した様子は上の通りです。写真をクリックして拡大して見てみてください。噴出の特徴を、前回の実験と比較しながらあげていきます。

=6mm=
・高さ・迫力・噴出時間ともに5mmと同じくらい

=12mm=
・勢いよく大量のコーラが一気に噴出
・噴出時間は5秒以下
・高さは1m程

 上記の結果と前回の結果を比べてみて、一番迫力ある噴出させたい場合はフタに8mm前後の穴をあければ良いということがわかりました。それ以上の大きさだと、噴出する高さが物足りなくなっていきます。噴出する時間や高さがほしければ、穴を小さくしていくと良いでしょう。


記事が面白かった・記事の内容が役に立ったという人は、下のバナーをクリックお願いします!
あなたのワンクリックが、めちボンの研究への活力となります☆

スポンサーサイト


テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

コーラ噴火実験 | 18:21:36 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
実験する前に、コーラをよく振っておくとよいという話がある。
2006-12-13 水 18:58:22 | URL | キプカ [編集]
ありがとうございます
アドバイスありがとうございます。

今度、試してみます☆
2006-12-14 木 10:22:41 | URL | めちボン [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。