■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サバメシ
教員採用一次試験も終了しましたので、久しぶりに更新します。

今回は、ネット上で面白い企画を発見したので、それを実行してみました。


その名も、「サバメシ」です!

サバメシとは、サバイバルメシタキの略のようです。簡単に説明すると、「空き缶で米を炊く」というものです。

本当に御飯が炊けるのかどうか試してみたので、その様子を紹介します☆

(参考にしたホームページはこちらです→サバイバルメシタキによる防災教育


まず、用意するものを紹介します。
・350mlアルミ缶×2
・1Lの牛乳パック×3
・アルミホイル
・米(0.8合)
・ライター
・カッター
・はさみ
・缶きり
・定規

以上のものを準備できたら、次にメシタキを行う道具をつくります。
P1010916.jpg    P1010917.jpg
3本分の牛乳パックは写真のように幅1~1.5cmの短冊状に切ります。これがサバメシの「燃料棒」となります。

アルミ缶はまず1つは写真の左の缶のようにフタを缶きりで切り取り、「ナベ」とします。
もう一つは、写真の右の缶のようにフタを切り取ってから、缶の側面に空気穴を開けます。空気穴のサイズは、幅3cm×高さ1.5cmで、缶の上部に2箇所、下部に2箇所の合計4箇所開けます。これが「コンロ」となります。

道具の道具の準備ができたら、早速メシタキを開始です!
P1010919.jpg
最初に、ナベ缶に米を入れ、次に米より少し多め(米の約1.1倍)の水を入れ、アルミホイルを缶に密着させるようにしてフタをします。
ナベ缶の準備ができたら、写真のようにコンロを重ねて、平らな地面に置きます。コンロの方には、燃料棒をあらかじめ3.4本入れておきます。

P1010927.jpg
コンロの下の穴から火をつけた燃料棒を入れ、中に入れておいた燃料棒に着火します。
着火の時以外は、コンロの上の穴から燃料棒を一本ずつ投入します。勢いの強い炎を持続できるように、どんどんと燃料棒を投入しました。
自分は素手で行っていますが、かなり強い炎がでるので、賢い人は必ず軍手をして行いましょう。

P1010925.jpg
燃料棒がなくなるまで(約25分間)強い炎を持続させます。もし、炎が消えてしまった時は、燃料棒を数本入れ、コンロの下の穴から空気を送り込むと炎が復活します。

燃料棒を使い切ったころが、炊き上がりの目安の時間です。アルミホイルのフタを取って、完成したご飯を見てみましょう。
P1010933.jpg
見た目はどうやら成功のようです。問題は味です。

このままでは食べづらいので、お皿のご飯を移しかえました。
P1010934.jpg
ナベの底の方にはオコゲが出来ていました。肝心の味の方ですが、芯飯も覚悟していたのですが、意外とふっくら炊けていて、ちょっと香ばしい香りがして、普通に食べられました。もちろん、炊飯ジャーで炊いたご飯の味には敵いませんが・・・
せっかくなので、家族のみんなにも食べてもらいました。(空き缶で炊いたということは内緒で)
みんな、ちょっとだけ固いけど、おいしいと言ってくれました。

「サバメシ」を実際に行ってみた感想ですが、材料の準備の手間などを考えると、サバイバルで活用できるとは思えませんでした。しかし、オリエンテーションとしては十分楽しめたので、みなさんも是非やってみてください☆

なお、人通りの多いところで行なうと、ただの火遊びをしている可哀想な人にしか見えないので注意が必要です。

このサバメシは、まだまだいろいろな改良が加えられそうなので、今後試していきたいと思います。
他にもこのような面白そうな企画がありましたら、是非教えてくださいm(__)m

気に入っていただけたら、こちら↓をポチッと一押しお願いしますm(_ _)m
               みなさまの一押しが、明日からの研究を行なう力の源となります(^-^)
スポンサーサイト

テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

サバメシ | 00:42:06 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
お、お~
『サバメシ』凄~い!!
空き缶でご飯が炊けるなんて・・・。
(飯豊山に登山したとき、登山口は何処でしたか?飯豊町の大日杉でしたら、そこまで行く途中、白川荘という旅館があったのはご存知ないでしょうか?)
実は今月の29日、お友達家族とそこでキャンプするんですよ~。そのとき絶対作りたいと思いす!!…その前に、今度の連休に練習し、本番に自慢しようかなぁ~。
実は私、こういったサバイバルに凄く興味があるんですよ~。これからも色んな事教えて下さいね♪
2006-07-11 火 12:55:16 | URL | Kira and Haya [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。