■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奥利根並行岩脈群-②
 今回は草木が鬱蒼としていたので山の中には入っていかずに、車道脇に露出して見える岩脈を探すことにしました。まずは須田貝ダムから、さらに上流の八木沢ダムへ向かってつづく道に沿って岩脈探しをはじめました。

 とりあえず、はじめは上流に向かって車を走らせながら、車内から岩脈らしきものを探しました。須田貝ダムからは、右手に洞元湖、左手に山の斜面を見ながら上流へ向かいます。そして、ダムから5分ほど車を走らせたところで、木々の間から露出した岩体が目に入りました。早速、車から降りて近づいてみました。
P1020438.jpg《道路脇に露出した岩体》
 画面中央部の岩が、その脇の岩と様子が少し違うようには見えないでしょうか。さらにアップして撮影しました。
P1020439.jpg《上記の写真のアップ》
 岩の間を貫入した岩脈にも見えなくもありませんが、自分はまだ未熟なので岩脈かどうかをはっきりと識別することはできませんでした。もっと近づいて調べたかったのですが、草木が邪魔をして近づけなかったので他のポイントを探すことにしました。
 
 先ほどのポイントからさらに上流に車を走らせると、有力なポイントを見つけられないうちに八木沢ダムに到着してしまいました。なので、次は須田貝ダムの方へ戻りつつ、駐車スペースを見つけて歩いて岩脈を探すことにしました。
 そして、芦沢橋付近でとうとう岩脈ではないかと思われる岩体を見つけることができました。
P1020453.jpg《芦沢付近の山肌で発見した岩体》
 ここからではハッキリとは目標が確認できないので、できる限り近づいてから撮影しました。
P1020455.jpg《芦沢付近の山肌で発見した岩体》
 山の中腹に、岩の板のようなものが地表に露出しているのがわかるでしょうか。これは、今までに見てきた岩脈と似ているように思えます。下の写真と見比べて見てください。
20060908170547.jpg《今までに見てきた岩脈(屏風岩)》
 こちらも、これ以上岩体に近づくのは困難であり、岩脈であるという確証はもてませんでしたが、自分は、今まで調査してきた経験から、これは岩脈ではないかと思っています。また、2つの岩体が並んで存在していることからも、これが平行岩脈群の一部ではないかということが考えられます。
 
 今回は、上記のモノ以外に岩脈だと思われる岩体を見つけ出すことができず、岩脈群といわれる程のものは見ることはできませんでした。やはり、ダムに水没してしまって今まで見えていた岩脈が見れなくなってしまっていたのは残念でした。また、夏の葉の茂った山で岩脈を見つけ出すのは、大変困難だということを思い知らされました。
 山の中に入っていけば、沢山の岩脈が露出しているはずです。次は、木の葉が落ち始めた頃、再度調査しに来たいと思います。


 今回は、奥利根にある4つのダムも少し見学してきたので、次回ちょっとその様子を報告したいと思います。

→奥利根並行岩脈群-③へ

気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m
スポンサーサイト


岩脈調査 | 17:32:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。