■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奥利根並行岩脈群-③
 奥利根にある4つのダムの様子を写真を中心に紹介したいと思います。

 湯檜曽入口交差点から県道63号線に入って、まず始めに見えてくるのが藤原ダム(藤原湖)です。
P1020475.jpg《藤原ダム》
 こちらのダムには、湖岸公園も一応ありましたが、観光客も見当たらず、落ち着いた雰囲気のダム湖でした。

 さらに奥地へ車を走らせると見えてくるのが、須田貝ダム(洞元湖)です。

P1020441.jpg   P1020460.jpg《須田貝ダム》
 こちらの方にもボートに乗っている人などはいませんでしたが、釣りをしている人や、道路に車を停めて景色を眺めている人が十組ほどいました。
 ダムの近くには、東京電力の電源PR館というものもありました。
P1020458.jpg《東電電源PR館》
 入場は無料です。今回は立ち寄りませんでしたが、屋外にはダムに使用されている部品などが展示されていました。

 須田貝ダムの手前から車道は二手に分かれていて、左手へ進んで行くと、車道の終着点に矢木沢ダム(奥利根湖)があります。
P1020447.jpg   P1020446.jpg

P1020448.jpg   P1020445.jpg《矢木沢ダム》
 このダムには、資料館や展望台やキャンプ場(5張程度)があり、この日が土曜ということもあってか、数組の観光客がいました。しかし、駐車場には明らかに展望台にいる人よりも多い数の車が駐車されていました。夏休みも終わったというのに、駐車場には30台程もの車が停めてありました。なんでこんなに車が多いのだろうと思い近づいてみたら、何艘かカヌーなどがつながれていました。どうやら、奥利根湖はカヌーをやるのに適した場所らしいです。湖を良く見てみると、何艘か確認できました。
 この日は、水は少し少なめでしたが、とてもきれいなダム湖でした。看板にはダム湖百選というふうにも書かれていました。

 先ほどの須田貝ダム手前の分岐を右に行くと、最後に奈良俣ダム(ならまた湖)が見えてきました。
P1020473.jpg《奈良俣ダム》
 このダムには、ダムの下部から最上部への遊歩道がありました。もちろん、歩いてみました。
 この遊歩道は、ひたすら会談を登るなかなかハードな歩道でした。途中、階段の数を数えている老夫婦に「あと400段よ!頑張って。」と励まされてしまいました。気になって自分も階段の数を数えてみたのですが、全部で716段ありました。ん~、キツイ!
P1020466.jpg《奈良俣ダムの遊歩道》
 最上部に到着すると、下のような景色が見られます。
P1020469.jpg《ならまた湖》
 奥に写っている山は、尾瀬の至仏山です。
 こちらの湖にも、何艘かカヌーが見当たりました。

 この日は、天気も良く。綺麗なダムの景色が見ることができました。ダムに興味がある人は、是非来てみてください。


 気に入っていただけたら、↓のバナーをポチッと一押しお願いしますm(__)m

スポンサーサイト


岩脈調査 | 15:57:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。