■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
浅間山SPP:天明3年の噴火~鎌原観音堂~
 浅間案内の最後に、鎌原の観音堂へ行きました。鎌原村(現嬬恋村)は1783年に浅間園のつり橋付近から発生した土石なだれに襲われ、高台にあった観音堂に避難していた93人が助かり、それ以外の477人が死亡してしまいました。
 今回は、観音堂・土石なだれの説明と、参拝を行いました。(観音堂の詳しい場所はコチラを参照)
IMG_1473.jpg《鎌原観音堂》

 観音堂の正面には、15段ある階段がありますが、この階段は元々は50段ありました。土石なだれで下の35段は埋まってしまいました。階段の脇には、『天めいの 生死をわけた 十五だん』と書かれた石碑がありました。
IMG_1464.jpg《埋没階段》

 昭和54年には、階段の発掘調査がおこなわれて、最下段からは2名の女性の遺体が発見されました。
IMG_1458.jpg《発掘風景が写されている看板》

 鎌原村は、わずかな生存者によって復興を成し遂げました。そして、生存した人たちは先祖の供養や噴火のことを人々に伝えるために奉仕会を組織し、観音堂の脇でお茶やキャベツの漬物を用意し、接待してくれています。
P1030108.jpg《お茶をごちそうになる子どもたち》

 このようにして、災害の記憶を次の世代に語り接いでいくことはとても素晴らしいことだと思いました。しかし、奉仕会の方々はみんな高齢です。もっと、若い世代がこの場所に興味をもち、奉仕会がこの先も活動をしていけたらいいなぁと感じました。
スポンサーサイト


テーマ:火山 - ジャンル:学問・文化・芸術

SPP | 16:30:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。