■ぷろふぃ~る

mechibonn

Author:mechibonn
年齢:1984年生まれっす
職業:教員
専攻:理科・障害児教育
性別:♂
性格:マイペース
出身:群馬の山奥
趣味:山登り・スノーボード・スポーツ観戦
群馬県で教員やってます☆
以前はこのブログで山の紹介等もやっていましたが、社会人にもなったので、好きなスポーツのことや、普段の生活のこと、たまに山のことをつらつらと書いていきたいと思います!

■今日は何位かな??

↓ランキング参加中です(-ω-) 気に入っていただけたら、こちらをクリックしていただけるとうれしいッス☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ

↑ついでにこちらもポチッとお願いしますm(__)m クリックすると、順位がアップします♪

■かてごり~
■最近の記事
■今日の天気は??

山登りには、天気がいい日に行くに限ります(^ω^)


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ成長値

ただいま、

であります!!

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■☆りんく☆
■ブログ内検索

■RSSフィード
■トラコミュ
■キーワード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
浅間山-①
 先日の浅間山の報告の一回目です☆
 今回は、鬼押出し浅間園を紹介します。 

P1010781.jpg《鬼押出し園》  P1010787.jpg《鬼押出し溶岩》
 浅間の鬼押出し浅間園は、1783年(天明3年)の浅間山噴火の際に噴出した鬼押出し溶岩流によってできています。園内には溶岩を見学するコースがいくつかあり、今回は一番長いコース(60分コース)を見学しました。



P1010794.jpg
《コース沿いのシェルター》
 コースの何箇所かに、上の写真のようなシェルターがあります。
「これは何のためにあるのでしょう?」
という教授の問いに対して、高校生や大学生からは、
「溶岩流から逃げるため!」
「溶岩保存のため?!」
などの意見が出ましたが、正解は火山弾から身を守るためにあるのです。 

P1010798.jpg
《つり橋》
 コースの最後には、写真のようなつり橋があります。結構長く、走って渡るとかなりゆれます。つり橋付近では、溶岩のへりがよく観察できます。

P1010808.jpg
《火山博物館》
 園内には、1783年の浅間山噴火に関する紹介看板や、火山博物館等があり、浅間山について詳しく知ることができます。興味がある人は、是非行ってみましょう☆

→浅間山-②へ
気に入っていただけたら、こちら↓をポチッと一押しお願いしますm(_ _)m
               
スポンサーサイト
浅間(群馬側) | 14:27:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。